Pocket
LinkedIn にシェア
LINEで送る

sronsored link

宇宙太陽光発電

asotk / Pixabay

ソーラーパネルを宇宙に浮かべて地上へ送電する仕組みが宇宙発電。

建設費に莫大な費用を必要とします。

地上と比べて発電効率が5倍〜10倍になると言われ天気の影響を受けにくいとされる宇宙太陽発電が実現されるのは2040年行こうとなりそうですが可能性が広がりそうですね。

人間が想像しているものは現実のものに形を変えてその都度イノベーションが起きています。

 

まだまだ先になりそうですが宇宙発電も期待が持てそうです!

どんな期待が持てるかというと今現在民間企業の参入も増えてきていて、開発コストの削減。

気象衛星やネット環境。さらには開発が進むといろんなビジネスが見れるようになるはずです。

よろしければシェアお願いします。<br/>Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Google+
Google+