Pocket
LinkedIn にシェア
LINEで送る

sronsored link

15周年記念第二弾“ソングカバー・アルバム”「宇多田ヒカルのうた」-13組の音楽家による13の解釈について-

宇多田ヒカルとして1作目のシングル「Automatic/time will tell」でデビュー。

プロモーションはラジオ出演のみだったがFMラジオや外資系CDショップのプッシュから一気に人気に火がつきデビュー曲はいきなりミリオンセールスを記録。

15歳という年齢もあり、当時は衝撃を受けた。

その後もセンスばかりが溢れたヒット曲を連発。

 

収録曲

個性派アーティスト(音楽家)が集結。

1.「SAKURAドロップス」井上陽水

オープニングがら濃い!!

宇多田ヒカルさんの曲のよさと井上陽水さんの味満載で風景が浮かびあがります。

2.「Letters」椎名林檎

おしゃれな仕上がりになっています。

椎名林檎さんの魅力的な声と歌詞、楽曲がうまく絡み合い独特な仕上がり。

3.「Automatic」岡村靖幸

これもまた強烈!!

サウンド、歌い回し、声どれをとってもクール。

思わず笑みがこぼれました。

4.「Movin’on without you」浜崎あゆみ

侮っておりました。

さすがポップ界を一世風靡しただけあって、浜崎あゆみさんのよさと曲のよさがうまく引き出された曲に仕上がっています。

かっこよすぎました。

5.「Flavor Of Love」ハナレグミ

こっちがなんだか切ない。。。

セクシーです。

引き込まれます。

6.「FINAL DISTANCE」AI

DISTANCEから宇多田ヒカルさんがリアレンジしたFINAL DISTANCE。

AIさんが放つ力に吸い込まれました。

7.「Be My Last」吉井和哉

いい意味で原曲を忘れ、そこからまた個性が解き放たれております。

8.「光」LOVE PSYCHEDELICO

どことなく近くで聴いているような気持にさせ、てくれる仕上がりになっている。

噛めば噛むほどに味が出てくる、そんな出来になっている。

9.「For You」加藤ミリヤ

この曲にもしてやられた。

カセットデッキからかすかながら流れる原曲。

そして加藤ミリヤさんの世界に引き込む。

10.「Stay Gold」大橋トリオ

travellingも耳にしたが軽やかな仕上がりになっている。

是非聴いてください。

今回のStay Goldはピアノ調でしっとりな仕上がり。

11.「time will tell」tofubeats with BONNIE PINK

トラックがヤバすぎる。

アンダーグラウンド感満載でそしてメロウである。

12.「Keep Tryin’」 KIRINJI

宇多田ヒカルさんとは対照的な印象を受けたがおもしろい仕上がりとなっている。

よく聴くとクセになる。

13.「Sanctuary」Jimmy Jam & Terry Lewis feat. Peabo Bryson

トラックとそれにしっかりと合わせ歌い上げた仕上がりが素晴らしい。

このアルバムの仕上がりと聴きごたえ

どれもこれも秀逸な仕上がりだ。

心を奪われてしまった。

宇多田ヒカルさんの凄さをまた違った角度から知らされた。

そして今回参加した全アーティストがみんな個性を持っておりそれが完璧に活かされた仕上がりになっている。

是非聴いていただきたい。

 

 


2014年12月9日(火)発売
品番:TYCT-60055
価格:3,000円(税抜)

 

気になった音楽、アーティストの曲は必ず購入してください。

違法なダウンロードはなんの役にも立ちません。

音楽は切っても切れないほど素晴らしいものであると私は考えています。

喜怒哀楽の表現ができ、夢を与えてくれ、ポジティブにもネガティブにもさせてくれる。

よろしければシェアお願いします。<br/>Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Google+
Google+