Pocket
LinkedIn にシェア
LINEで送る

sronsored link

人に教える

By: Morten Oddvik

教育/指導ここで苦戦する人も多いように思います。

私も新人がくると感じる問題です。

それを少しでも軽減させようではありませんか。

なぜ苦戦するのか?

教える際に渡す資料、そしてそれを見てインプットする際の誤認識や資料の不揃い。

説明不足などいろんなことが弊害となっているかと思います。

これを少しでも改善するには新人も重要な人物となりますし、自分自身の姿勢も重要です。

仕事の取組みに変化が見えてくる

By: katieblench

新人の質問

ここでは新人が入ってきたことを想定してのお話ですが、どれも応用できるお話です。

By: David Goehring

まず、新人がマニュアルを見て質問をしてくるはずです。

ここがキーポイントになります。

ありがたいことなので聞く耳を持ちましょう。

 

貫くことも大事ですがここでは少し違います。

『わからない』から質問がくるのです。マニュアル改訂ポイントです。

受け入れて改訂してみましょう。

 

教え方も受け取り方も十人十色です。

 

自分自身の姿勢

By: Vicky Hugheston

自身が難なくこなしている仕事。これが落とし穴です。

職人芸と化している恐れがあります。

 

専門家になる必要はありません。

そのポジションに居座って進歩なくて問題なければ問題ありませんが、会社にとってはプラスマイナスで考えればマイナスです。

 

次を視野に入れるためにはそのポジションに人材の成長が必要になります。

 

日々の取組みから見直し、一度実行してみましょう。

 

教える姿勢で仕事に取り組めば、間違いなく自分の成長にも繋がります。

1回で気づくことが今までより増え、視界が広がります。

 

教えることのシェアをしてみましょう。

ちゃんと伝える力が身に付きます。

 

 

よろしければシェアお願いします。<br/>Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Google+
Google+