Pocket
LinkedIn にシェア
LINEで送る

sronsored link

さて、今年はWBCが開催されました。

残念ながら日本は準決勝で敗れましたが、可能性のある負け方だと感じました。

セ・リーグ順位予想

1位 阪神

2位 広島

3位 巨人

4位 Dena

5位 ヤクルト

6位 中日

こう予想しました!

阪神

戦力は間違いなく、上位クラス。

若手とベテランもいいバランスではないでしょうか。

去年、いい活躍をした原口選手。今年は故障もあって一塁手だそうですが。強打の捕手になってほしいところです。

 

さらには、高山選手に北條選手。

そしてベテラン勢には福留選手、鳥谷選手。ここが安定すればさらに安心した成績が残せそうですね。

注目に糸井選手。ベテランですが素晴らしすぎる選手です。

 

ピッチャーには藤浪投手、能見投手、メッセンジャー投手。

抑え投手でキチッと方程式が組めればいいシーズンになりそうですね。

広島

戦力的にも去年大ブレイクした鈴木選手。

そして菊地選手に丸選手、新井選手。

バッティングのいい堂林選手にも期待したいですね。

 

ピッチャーは野村投手、大瀬良投手、岡田投手、福井投手。

ジョンソン投手。

2016年優勝チームの底力を今年も見せてもらいたいですね。

巨人

巨人は投打が噛み合えば難なく戦える戦力であります。新加入のマギーはどこまでの働きができるのか疑問を感じます。

他には陽岱鋼。三振の多い選手ですね。FA選手を飼い殺してしまう印象を受けるのですが。

若手の台頭が必要ですが大金をはたいてこうも外から選手を呼び込むと、若手も伸び悩むことでしょう。

このやり方ではそろそろ危ないような気がします。巨人は高齢化していますから。

 

ピッチャーは先発陣が手薄に感じます。パッとしないように感じますね。

DeNA

昨季プレーオフ初進出のDeNA。

筒香選手、梶谷選手を筆頭に若手が出てくると去年より強いように感じます。

 

投手は今永投手には安定した働きが期待されますが、先発投手陣次第でシーズン大きく変わるでしょう。

ヤクルト

ヤクルトは先発陣が年間通してローテーションを守れれば間違いなく強いのすが、安定して守れる先発投手が思い浮かびません。

石川投手ももうベテランです。

 

野手もバレンティン選手に雄平選手、畠山選手が安定して活躍できれば強いのですが。

2年連続トリプルスリーの山田選手ばかりに頼っていられません。

あとは新加入の新外国人の活躍がどの程度のパフォーマンスをしてくれるかです。

中日

投手陣もパッとせず、野手陣もイマイチパッとしません。

安定した働きをしてくれるのは大島選手程度でしょうか。投手陣に関しては大野投手、又吉投手。

 

最後に

今年もプロ野球はパ・リーグに陽が当たるのか!?

どうなっていくかはまだ始まったばかりなのでわかりません。

よろしければシェアお願いします。<br/>Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Google+
Google+